古典名作、歴史・時代小説、映画、漫画を中心に紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春色梅児誉美―マンガ日本の古典〈31〉

江戸を舞台に、
男女の恋愛を描いた物語。

遊郭唐琴屋の養子で色男の丹次郎と、
売れっ子芸者の米八、
唐琴屋の娘で丹次郎の許婚のお長。
この三人が軸になります。
昼メロじみた設定ですが、
展開が早くわかりやすい。
いささかご都合主義な気もするが、
物語に熱中すれば、
それも気にならない。

ただし男性読者には反発を受けそうです。
なんせ丹次郎、
もてますから。
腹が立つくらい。
米八かお長かどっちかにしろよ、
と言いたくなりますが、
最後まで一貫して同じ態度をとります。

まあこれはこれで見上げた根性だと、
言えなくもないです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boby0120.blog59.fc2.com/tb.php/145-93315951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
春色梅児誉美―マンガ日本の古典 (31)
2009/06/22(月) 12:30:08 | 忍者大好きいななさむ書房
春色梅児誉美―マンガ日本の古典〈31〉
2009/06/23(火) 02:48:42 | 忍者大好きいななさむ書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。