古典名作、歴史・時代小説、映画、漫画を中心に紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前新宿の某カルチャーセンターにて、

歴史小説の書き方という授業に通っておりました。


私がまだ独身の頃のことです。
早乙女貢先生が講師をしておられました。

初めてみたとき、

ああ作家というのはこういう雰囲気を持ったひとなのかと、

えらく納得させられました。


着物のよく似合う、落ち着いた物腰の方でした。


「家庭を持ち人生をあゆめ」みたいなことを言っておられたのが、

印象に残っています。


要は経験をつめなさいということだと捉えております。

お教えどおりというか何というか、

幸運なめぐり合わせで今の嫁さんと一緒になったわけです。


先生元気にされてるんでしょうか。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boby0120.blog59.fc2.com/tb.php/70-426bbe8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。