古典名作、歴史・時代小説、映画、漫画を中心に紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2000回記念前夜祭という趣で、

豪華な顔ぶれでした。


ショパンのピアノ協奏曲第1番を

フジコ・ヘミング
モスクワ・フィルハーモニー交響楽団の共演で演奏されました。

フジコ・ヘミングののびやかなピアノと、
モスクワ・フィルの相性は抜群でした。

演奏後ユーリ・シモノフ、フジコ・ヘミングらが羽田健太郎と歓談してました。

ユーリ・シモノフが番組への賛辞、
つまりに意義のある番組であるということを語っている横で、
フジコ・ヘミングはひざを抱え込み興味のなさそうな様子。
オレンジジュースをちゅうちゅう飲んでいたのが印象的でした。


華道家の假屋崎省吾氏がステージを花で彩り、
華やかな舞台になっておりました。

次週が楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しました。

この番組見たかったんですよ。
ショパンの協奏曲1番は大好きなんです。
しかもフジコ・ヘミングですもの。。。でも見れませんでした。。(--、)

フジコ・へミングの「ラ・カンパネラ」も聞きたいです。
今度の日曜日は絶対に見ます。
2006/12/07(木) 23:13 | URL | 沙羅双樹 #-[ 編集]
来週は見逃せませんよ。

もうビデオ予約必須です。
2006/12/07(木) 23:32 | URL | bob #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boby0120.blog59.fc2.com/tb.php/82-93b9dc19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。