古典名作、歴史・時代小説、映画、漫画を中心に紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かぜがひどくなってきたので医者に行ってきました。

ワンコ友達のご紹介のお医者さんです。

待合室にいると『若冲』の画集がありました。
診察が一通り終わると私は聞いてみました。

『若冲』がお好きですか?


急ににこやかな表情にかわったお医者さんは、

はまりましたと一言。


『若冲』というのは絵師です。

江戸中期の人で、

家業を営みながら絵の勉強をしておりました。

最初は狩野派で学び、

ついで中国の絵をただひたすら模写したのち、

家業を離れ身近な題材でもって独自の画風を築くようになりました。


一番有名だと思われるのは、

『紫陽花双鶏図』。

二羽の鶏が独特の極細密な筆致で描かれ、

不思議な生命力をかんじさせます。

色鮮やかで美しい。


「若冲と江戸絵画」展のオフィシャルブログです。
http://d.hatena.ne.jp/jakuchu/20060512/p1

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boby0120.blog59.fc2.com/tb.php/84-94c159f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
梅雨明けしてからのほうが涼しいっていうのは・・・ 暑かったらその気にはならなかったかもしれないけど、涼しいからチャンスだと不忍池(しのばずのいけ)の蓮の花を見に行って来ました。 行って驚いたのは池が見えない・・・蓮の大きな葉ばかりが盛り上がって繁っています
2006/12/15(金) 22:44:38 | ただわけもなく
東京会場は今日まで、ってことであわてて上野の東京国立博物館まで出かけてきました。「若冲と江戸絵画展」見に。伊藤若冲って聞いたことない画家だったんだけど、最近彼の作品と云われる「鳥獣花木図屏風」が雑誌BRUTUSの一部が表紙になってて、その絵がけっこう気に入った
2006/12/17(日) 00:53:23 | Touchtype
東京国立博物館で開催されているプライスコレクション「若冲と江戸絵画」展に行ってき
2006/12/18(月) 10:52:44 | Innerdog runs slowly
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。