古典名作、歴史・時代小説、映画、漫画を中心に紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関が原の戦いで破れた浪人たちが、

大坂城に集結。

篭城戦に持ち込みます。



前半は名のある武将の列伝の様相を呈しています。

真田幸村、後藤又兵衛らが寄り合って、

合議するものの淀君の干渉によっていくつもの好機を失います。


しかし真田幸村らの奮戦により、

家康方は手痛い損害を蒙ります。

このことを受け家康は更に諜略で、

幸村他有能な浪人たちを餌でつろうとこころみますが、

失敗に終わります。


城攻めの苦手な家康はかねてから進めていた計画を実行。

大坂方に潜ませていた間諜を使い、

偽の和睦を行います。


大坂方は領地安堵でお咎めなし。

その代わりに壕を埋めるよう条件を差し出します。

豊臣秀頼に嫁いだ孫娘を助けたいというもっともらしい理由をつけ、

大坂方の判断を惑わし、

まんまと口ひとつで難攻不落の城を裸にしてしまいます。


最終章では大坂方の隙をつき、

もうひと戦始める準備を進めるところで終わります。


人の心をとるというのがいかに大事か考えさせられます。


城塞 (中巻)』司馬遼太郎
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boby0120.blog59.fc2.com/tb.php/87-d16e19d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。